« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月30日 (金)

まかないコールスロー

Dscf0819柔らかくて瑞々しくて、さっぱりとした甘さがある春キャベツ。
手でちぎってサラダにしたり、虫になった気分で葉っぱをバリバリ食べたり。さっと炒めてもよいし、さっと湯通しして菜っ葉のように和え物にしてもおいしいです。

まかないではキャベツをモリモリ食べたいので、こんなサラダがよく登場します。人参の千切りなど加えると彩りよいですが、わたしはキャベツだけの方が好きです。

①千切りしたキャベツに塩を振って重しをし、30分程おいておきます。
②しんなりしたら、水気をよく絞って、塩・コショウ・酢・オリーブ油を入れて混ぜます。
たったそれだけ。さっぱりしていて、キャベツの甘さが引き立つサラダのできあがり!
これにスモークサーモンなんかをハラリヒラリと何枚かのせると豪華だろうなあ、と想像しつつ…。

ちなみにコールスローとは、オランダ語が語源で、『キャベツのサラダ』という意味だそうです。

手間なし簡単、まかないコールスロー、ぜひお試しください。

|

2008年5月27日 (火)

ズッキーニの花

Dscf0808先日載せたズッキーニの写真は、 夕方なので花がしぼんでいました。すみません。

こちらが早朝のズッキーニの花。

大きくて、艶やかで、そして怪しげな雰囲気を醸し出しています。

|

2008年5月26日 (月)

定植後の畑

Dscf0802夏野菜の定植がどんどん進んでいます。
写真手前から、空芯菜、ズッキーニ、ピーマン類、ナス、これから種をまくオクラの畝。この畑の向かいには、キュウリとオクラ、モロヘイヤ、ハーブ類。少し離れた畑にトマト。

育苗ハウスに残っている苗は、ゴーヤやかぼちゃなど、あと少し。

定植直後の畑は、整然としていて美しい。
これがだんだん草で覆われ、病気が入ったところは木を引っこ抜かれ、虫喰いの野菜が地面にころがり・・・。
まだ美しいうちに、と写真をパチリと撮りました。

|

2008年5月25日 (日)

今週の元気な野菜たち

Dscf0801さて、ここで問題です。
これは、何の花でしょう。
答えは最後に。

今週の元気な野菜たち
※5月31日は第5土曜のためお休みです。

○春キャベツ
○レタス
○サニーレタス
○ブロッコリー
○スティックセニョール
○人参
○大根
○かぶ
○スナックエンドウ
○絹さや
○もしかしたら グリーンピース
○もしかしたら ソラマメ
○新玉ネギ
○チンゲン菜
○ズッキーニ

この内、7~10品目ほど。

写真の花はズッキーニ。
ズッキーニが採れ始めると、キュウリ、ナスなど果菜の季節の幕開けです。畑は春から夏へとどんどん様変わりしていきます。

|

2008年5月22日 (木)

レタスと卵の和風サラダ

Dscf0795レタスがおいしい季節。
サラダはもちろん、炒めたりスープにしたりしてもおいしいですね。

そして、今日のように暑い日は、こんなサラダはいかがでしょうか。
ひんやり冷たく、あっさりしていて、レタスがモリモリ食べられます。

作り方
① レタス1個、葉を洗って、千切りにします。太めでOK。外葉も入れちゃってください。
② 薄焼き卵を作って、5センチ程の長さで、太めの千切りにします。
③ ①と②をボールに入れ、しょう油・みりん・酢をそれぞれ同量、30~50cc程ずつ入れて、全体にまわるように混ぜます。
④ ③を冷蔵庫で冷やしながら時々何回か混ぜ、30分程して、3分の2~半分程度の量になったら食べごろ、器に移してゴマをかけて、できあがり!

調味料は、「こんな少しで大丈夫かな?」という量で、大丈夫です。レタスから水分が出て、ちょうどよい加減になります。

わが家では、レタス一個がペロリとなくなります。そのうち半分は、2歳の娘がペロリと食べます。

これからのちょっと汗ばむ暑い日に、ぜひ一度お試しくださいませ。

|

2008年5月18日 (日)

今週の元気な野菜たち

Dscf0783畑のキャベツ。
収穫の際、朝露が玉になって、コロコロと葉をころがるさま、いと をかし。

今週の元気な野菜たち
いつも予定が大きく外れてすみません。
一週間後の天気予報くらい、当たらない予報だと思ってください。

○キャベツ (2月に播いた春キャベツ)
○レタス
○サニーレタス
○ブロッコリー 
○スティックセニョール
○みず菜
○小松菜
○人参
○大根
○かぶ
○スナックエンドウ
○絹さや
○ルッコラ
○新玉ネギ
○チンゲン菜

この内、7~10品目ほど。
もしかしたら、そらまめが入るかもしれません。

日差しが急に強くなって、体が水分を欲しがっています。みずみずしい野菜からも水分を補給して、どうぞお元気にお過ごしください。

|

2008年5月16日 (金)

絹さやが主役

絹さや(さやえんどう)なんて彩りだと思っていました。農業を始める前は。
一人暮らしの時代は、腹の足しにならない絹さやなんて、買ったことありませんでした。
ところが、この絹さや、立派に腹の足しになるのですね。

筋をとって、そのままドバっと炒め物にすると、パリパリして甘みもあって、おいしい。下茹でなど要りません。肉、魚、卵、その他の野菜、和洋中、なんでも合います。
だし汁にしょう油、酒、みりんで味を整えて、絹さやを投入、溶き卵を流しいれて、卵とじにするのもおすすめです。
塩茹でして、絹さやてんこ盛りのサラダも、これまたパリパリしておいしい。

Dscf0779本日の昼のまかないの一品、絹さやと新玉ネギの炒めもの、大盛り。

絹さやをお腹いっぱい食べた後、テレビをつけたら、ある女優さんが対談番組にでていて談笑していました。
お顔も雰囲気も、花のようにフワフワと可愛らしい。そんな女優さんをみながら、夫がボソリと一言。

「こういう人が作る肉じゃがには、絹さやがちょこんとのっているんだろうなあ・・・。」

確かに。きっと小鉢によそった肉じゃがには、別の鍋で色よく塩ゆでされた絹さやが、ななめに切られて、美しく彩りよく、 ちょこんとのっているのだろうなあ。

ちなみにわが家のまかないでは、皮付きのじゃがいもと玉ネギだけの『玉ジャガ』が、大皿にデ~ンと盛られています。

|

2008年5月15日 (木)

やっと定植

Dscf0775キュウリの畑。
畑を耕し、肥料を入れ、黒マルチ(保温と草抑えのために地面にはる黒いビニール資材)をはり、支柱を立て、ネットをピンと張って、と、準備にかなり労力がいります。

準備万端、そして今日、 やっとこさ苗を定植しました。
なかなか定植されず、少し弱っていた苗たち。太陽と土の力で元気に育っておくれ、と願うばかり。
大きくなると、このネットいっぱいにつるを伸ばし、キュウリのトンネルができあがります。

品種は昨年と同じく、『夏ばやし』と、四葉(スウヨウ)きゅうりの『黒さんご』。
6月中旬からお届けの予定です。
歯ごたえある瑞々しいキュウリたちをお楽しみに!

|

2008年5月14日 (水)

定植したいのに…

Dscf0770連休中に畑の準備をどんどん進めて、連休明けには定植ラッシュ、の、はず、でした。
寒い日が続き、その上台風、今日も雨。
定植のタイミングを逃したか、苗は小さいポットではキュウクツそうで、少々弱ってきたような・・・。

明日、晴れれば、人気のきゅうり黒さんごを定植。
その後、ナス、ピーマン、セロリなど、夏野菜定植三昧の日が続きます。
写真は黒さんごの苗。定植後は太陽と土の力で、元気になっておくれ!

|

2008年5月11日 (日)

今週の元気な野菜たち

Dscf0766サニーレタスを見ると葉牡丹を思い出すのは、私だけでしょうか。写真は畑のサニーレタスです。

今週の元気な野菜たち
いつも予定がはずれてすみません。

○サニーレタス
○レタス
○チマサンチュ
○葉付き人参
○大根
○みず菜
○小松菜
○二十日大根
○絹さや
○ルッコラ
○新玉ネギ
○かぶ
○原木生椎茸

この内、6~10品目ほど。
先週から登場のスティックセニョールは、今週はお休みです。
キャベツも冬越しが終わり、春撒きのキャベツがもう少し大きくなるまで、お休みです。

今日は母の日。
野菜を育てる、母なる大地にも、感謝。

|

2008年5月 6日 (火)

じゃがいも畑

Dscf07633月21日に植えたじゃがいも。
すくすく育っています。

6月の新じゃがをお楽しみに!

|

2008年5月 4日 (日)

今週の元気な野菜たち

Dscf0741昨年秋、虫に喰われてサンザンだったブロッコリーやキャベツ、レタスなど、この春は元気に育っています。
写真はスティックセニョール。久々の登場です。

今週の元気な野菜たち
たぶんこんなもの入ります。

○人参
○スティックセニョール
○レタス
○大根
○キャベツ
○ルッコラ
○みず菜
○小松菜
○葉玉ネギ
○チマサンチュ
○ベビーリーフ
○絹さや
○かぶ
○原木生椎茸

この内、7~10品目ほど。

サラダがおいしい季節。野菜をモリモリ食べて、どうぞお元気にお過ごしください。

|

2008年5月 3日 (土)

フライド大根のおかか和え

Dscf0732煮てよし、炒めてよし、生でよし、何でもよし、の大根。
揚げてもよし、です。
揚げるとトロンとして、甘さがぎゅっと濃縮したかんじになります。

①大根は皮付きのまま、大きめの乱切りにします。
②揚げ油は低温でじっくり揚げます。
③よく油を切って、削り節(粉)としょうゆで和え、食べる直前に削り節をのせれば、できあがり!

いつもの大根なのに、ちょっと変わった一品。

これぞ、農家のまかない!

|

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »