« 今週の元気な野菜たち | トップページ | ここんところの出来事 »

2008年10月30日 (木)

ブロッコリーのお話

小房に分けて茹でるだけで食べられて、しかもビタミン豊富! 食卓の強い味方のブロッコリー。

一人暮らしの時代、よくスーパーで買って食べていました。
国産か輸入物か、なんてよく考えず『一株98円!』みたいに山積みされているのを買って食べていました。
でも、畑でブロッコリーを作るようになってから、スーパーの輸入物のブロッコリーをみて、『はて?』と疑問がわいてきました。

『このブロッコリー、何日前に収穫したのだろう? どうして黄色くならないのだろう?』

うちのブロッコリーは収穫して袋にも冷蔵庫にも入れずにおいておくと、2・3日で黄色くなってきます。
超高速で空港に運んで、飛行機で飛んできて、また急いでスーパーに運んで店頭に並んでいるのだろうか? ・・・んでも、空輸にしては安すぎるよね。
船で運ぶのだろうか?・・・んでも、何日かかるのだろうか。どうして黄色くならないのだろうか?????????? 
スーパーでブロッコリーを見るたびに、疑問がわいてきました。
そして、偶然、商社でブロッコリーの輸入業に携っていらっしゃった方とお会いし、何年も疑問だったこのブロッコリーの謎について伺ったところ、

なんと、『船で運び、収穫から約4週間たっている。』とのこと。

・・・4週間前に収穫して青々しているブロッコリー・・・。世の中には不思議なことがたくさんあります。

Dscf0973写真は畑のブロッコリー。
暖かい日は輸送中にも黄色くなることがあります。
届いた時にすでに黄色くなり始めていたら、必ずご連絡くださいますよう、お願いいたします。

|

« 今週の元気な野菜たち | トップページ | ここんところの出来事 »

畑の様子」カテゴリの記事