« 大根のおやき | トップページ | 種まきシーズン »

2009年2月14日 (土)

春の端境期

Dscf1085今日は春を通り越して初夏の気温。暑いです。世の中の女性達がかばんの中に忍ばせたチョコレートが溶けてしまうのではないかと、余計な心配をしております。

さて、野菜は植物です。大根も白菜も小松菜もほうれん草も、花を咲かせ、種をつけようとします。
春を感じると、花を咲かせる準備を始めます。トウ立ちです。トウ立ちが始まると、野菜によっては苦くなったり硬くなったり。大根はただの根っこに、白菜や小松菜はただの葉っぱになります。

写真は畑の白菜。外葉をコートがわりにして体を丸め、寒さに耐え抜いてきた白菜ももう限界。葉っぱがかなりとろけています。大切にためておいたエネルギーを花を咲かせる力へと一気に転換させているかのようです。
もう少しすると新しい葉と茎が中から出てきて、花芽を付けます。その花芽はおいしいのですが、今は食べられる状態ではありません。

暖かくなり冬野菜はどんどんトウ立ちし、春野菜はまだ品数が揃わず・・・。春の端境期です。申し訳ございませんが、今週からしばらくお休みとさせていただきます。再開は4月の予定です。再開前にはお電話でご連絡いたします。
瑞々しい春の野菜たちをどうぞお楽しみに。

三寒四温。体調を崩しやすい時期、お身体にはくれぐれもお気をつけて、どうぞ毎日お元気にお過ごしください。

|

« 大根のおやき | トップページ | 種まきシーズン »

畑の様子」カテゴリの記事