« 4月4日のお届けから再開します | トップページ | 里芋の植え付け »

2009年4月 4日 (土)

大豆ごはん

Dscf03871 「大豆って調理するのが面倒で・・・」と思っていらっしゃる方も多いのでは。私も思っていました。でも、調理してみるとそんなに面倒ではないのです。食べようと思い立ってから食べられるまでに確かに時間はかかるのですが、圧力鍋や保温調理鍋、または土鍋などを使えば、簡単で手間なく大豆の水煮や煮豆ができます

そして、わが家でよく登場する『大豆ごはん』。これも圧力鍋を使えば簡単にできます。

『大豆ごはん』 作り方
①大豆2分の1カップをたっぷりの水に一晩つけておきます。
②圧力鍋に、米3カッブ、水3カップ強、塩小さじ1と2分の1を入れ、水をきった①を加えて、強火にかけ、沸騰したら弱火で5分、火を止めます。(火にかけている時間はわが家の圧力鍋で米3カップの場合です。お手持ちの圧力鍋の説明書白米の炊き方をご参照ください。)
③圧が下がったら、よく混ぜて出来上がり!炊立てを召し上がってください。
※炊飯器の場合は大豆を硬めにゆでた後、呉汁を使って炊いてください。

これから皆様には1回ずつ大豆をお送りしますが、ぜひ、届いたその日に水に浸してみてください。
次の日に茹でたり蒸したりしただけで、大豆の甘味、香り、そしておいしさを分かっていただけると思います。

|

« 4月4日のお届けから再開します | トップページ | 里芋の植え付け »

宮内農園のまかない料理」カテゴリの記事