« 三五八床と味噌 | トップページ | 穴を掘る »

2009年12月 6日 (日)

白菜のスープ

Dscf06911学生の頃、中華料理の店でバイトをしていました。バブルの頃に建てられたホテル系列のそこそこ高級なレストランで、クリスマスにはカップルの予約でいっぱい。各テーブルにはキャンドルがともされ(酸欠で倒れたお客様もいたのですが)、恋人達がシャンパンを片手に見つめ合っているようなレストランでした。そんな恋人達に「こちらフカひれのスープでございます」といってそっとスープの蓋をとるようなホールの仕事でした。

で、話が長くなりましたが、ご紹介するのはフカひれではなく、白菜のスープ。そのレストランのまかないでクリスマス前などの忙しい日によく出てきたスープです。
「白菜と干ししいたけと豚肉、この3つを鍋にいれれば、どうなってもおいしくなるんだ。」と厨房の方が教えてくれました。
作り方は簡単、白菜の旨みたっぷり、そして身体があたたまります。

『白菜のスープ』 作り方
①干ししいたけを戻しておきます。
②土鍋に切った白菜を入れ、途中豚ばら肉と干ししいたけを載せ、塩コショウをし、①の戻し汁をいれます。戻し汁が少ないときは鍋の半分くらいまで水を足します。
③さらに白菜をのせ(てんこ盛り)、豚ばら肉と干ししいたけをのせ、塩コショウをして(しっかり塩コショウした方がおいしいです)ふたをします。
④弱火でコトコト煮込み、白菜がトロトロになったら(途中で火を止めて放っておいてもトロトロになります)、塩コショウで味を整えて、(好みでしょう油も加えて)、ごま油をたらせば、できあがり! 戻した春雨を加えてもおいしいです。

フカひれのスープより、数倍おいしいのではないかと思うのですが・・・。負け惜しみでしょうか。

|

« 三五八床と味噌 | トップページ | 穴を掘る »

宮内農園のまかない料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三五八床と味噌 | トップページ | 穴を掘る »