« 大根の炒め煮おかか編 | トップページ | ブログを引っ越しました »

2010年1月30日 (土)

ごぼうのかき揚げ

Dscf08291まだまだしつこくごぼうをお送りしております。お嫌いな方は、ご連絡くださいませ。私も子供のころ嫌いでした。うちの子らは大好きなようです。

何かと 嫌われることも多いごぼうですが、サクサクのかき揚げにすると、子供たちにも食べやすく、お酒のおつまみにも、もちろん夕食のおかずにも、みんなから愛される一品になってくれると思います。
ちなみに、私はかき揚げを作るのが大の苦手でしたが、この衣に出会ってからは、サクサクしたかき揚げを作れるようになりました。ごぼうの他、人参やじゃがいも、大根の皮の千切りなどもお試しください。

『ごぼうのかき揚げ』 作り方
① ごぼうはタワシで土を洗い落とし、皮はついたまま、ささがきにします。ささがきが苦手な方は、ピーラーを使うとうまくいきます。
② ①をボールに入れ、小麦粉を全体にまぶします。
③ 別のボールに片栗粉と小麦粉を半々と水の薄い衣を作って②を入れます。または②にそのまま加えても。
④ 低温(160度~170度くらいだと思います)の揚げ油に③を入れて、カラリとなるまで揚げ、熱いうちに塩を振ったら出来上がり!
※ 揚げ油の表面に散ったごぼうに、菜ばしを入れて、表面をぐるりと一回りさせるとごぼうがまとまり、薄くてぱりぱりしたかき揚げに仕上がります。

かき揚げで余った衣は冷蔵庫に入れておいて、翌日卵や小麦粉、葱など加えて、お好み焼き風に焼くとおいしいです。お試しください。

|

« 大根の炒め煮おかか編 | トップページ | ブログを引っ越しました »

宮内農園のまかない料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。