畑の様子

2010年1月28日 (木)

アスパラの根性 

Dscf1241アスパラは種を蒔いて一年目はまだ採れず、2年目にちょぼちょぼっと採れ、3年目にニョキニョキと本格的に採れるようです。うまくいけばの話ですが。その間、草をとったり、移植したりと手間をかけ、やっと採れるようになるということです。
去年は2年目で、ちょぼちょぼだったアスパラ。とりたてのアスパラがあまりにもおいしくて、でもあまりにも少ししか採れなかったので、「家の周りの畑全部アスパラにしたい!家の畳からニョキニョキとアスパラが生えてくるぐらいにしたい!」と思ったのでした。(それを聞いた夫は、とても冷ややかに「ふーん、じゃあ、がんばってね」と言ったのでした。)

アスパラの移植作業。本当は秋にやっておくものだそうです。雑草に埋もれて、どこにアスパラがあるのかもわからず、途方に暮れて放っておいたのでした。冬になり、雑草も枯れたものの、アスパラも枯れ果てていたのですが、掘ってみると根っこをしっかりと張っていました。地上では雑草に負けたふりをしながら、土の中ではしっかり陣地を広げている、アスパラのしたたかさに驚きます。

話が長くなりましたが、掘りあげた根っこを、家の前の畑に植え替えて、作業完了。今年の5月にはニョキニョキとたくさんのアスパラが出てきてくれますように。

| | コメント (0)

2010年1月23日 (土)

ター菜

Dscf08151寒さに強いター菜。いろいろな野菜が寒さに耐え切れず凍えてしまう中で、地面に葉をベタッと広げて、たくましく生きています。その姿は大きな花のようにかわいらしいものです。
そんなター菜の中に、もうすでに花芽をつけているものを発見。しかも一株だけではなく、ちらほらとあるではありませんか。先日の妙に暖かかった数日を春だと勘違いしたのでしょうか。花芽をつけると、もう葉物としては食べられなくなってしまうので、なんとかもう少し持ちこたえてほしいところです。

ター菜はさっとゆでて炒め物にしたり、スープの具にしたり、酢味噌和えや、おかか和え、胡麻味噌和えなどいろいろと楽しめます。真冬の甘くて味の濃いター菜をお楽しみください。

| | コメント (0)

2010年1月 7日 (木)

芽キャベツの季節です

Dscf07921寒さに負けて、野菜の品数がだんだん減っていく今日この頃。
そんな真冬は、寒さに強い芽キャベツの季節です。
今年初めて育てた芽キャベツ。いつ収穫してよいかよくわからない芽キャベツ。
そろそろ登場します。たぶん。どうぞお楽しみに!

|

2009年12月29日 (火)

よいお年を

Dscf1236昨日、各地主さんをまわり、年貢を納める。
今朝、生協に出荷する野菜を納める。

とりあえず、仕事納めということでホッとしております。
でも、野良仕事が終わったわけではなく、畑の大掃除やら、冬支度やらが残っているのですが・・・。家の中も大掃除しなきゃいけないし、おせちも作りたいし・・・。新年を迎えるまで慌しく過ごすことになります。

みなさま、今年も一年、大変お世話になりました。たくさんうちの野菜たちをお召し上がりいただき、誠にありがとうございました。
畑を支えてくださった皆様に、心より感謝いたします。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えくださいませ。

|

2009年12月10日 (木)

大豆とハトポッポ

Dscf1232大豆を引っこ抜いて、乾かしているところ。
ハトがみんなで仲良く食べに来る。

|

2009年12月 8日 (火)

凍る

Dscf1230火曜日の朝、 大地が凍っていました。
一生懸命寒さに耐える野菜たち。
写真はほうれん草。もっと早い時間に撮って真っ白なところを撮りたかったのですが、寒くて外に出られず。8時ごろ、もうかなりとけてきたところ。

|

2009年12月 6日 (日)

穴を掘る

Dscf1225日曜日
またまた小春日和 
やつっ子(八頭系の里芋)貯蔵用の穴を掘る

|

2009年11月29日 (日)

大根の畑

Dscf1222日曜日
晴れのち曇
大根を抜く

|

2009年11月16日 (月)

芋掘り

Dscf1217日曜日
小春日和
芋を掘る

|

2009年9月28日 (月)

10月から再開です

Dscf1210 私の足には及びませんが、畑の大根が太くなってきました(お盆明け 1回目播種の大根)。葉もやわらかく、丸ごとお召し上がりいただけます。
下の写真はサラダごぼう。まだ味見をしていませんが、草に負けずに育ちました。
その下は小松菜。やわらかく仕上がっていまDscf1212す。

秋の元気な野菜たち、お届け再開は、10月3日(第1土曜日)からです。
これからも宮内農園の野菜たちを、どうぞよろしくお願いいたします。

Dscf1215

|

より以前の記事一覧